Les chiffres


(財)日仏会館主催「フランス語コンクール」

長く続いていた朝日新聞社主催の「全国フランス語弁論大会」が2003年で幕を閉じ、それを引き継いだ東京日仏学院主催のコンクールも2005年の1回だけで頓挫したのでしたが、2008年秋、(財)日仏会館が日仏交流150周年記念として「フランス語コンクール」を開催しました。15歳から80歳まで計77名の応募があった初回に、さっそくSFC生の出口彩央里君(総合政策学部2年生)が最優秀賞 ― 準優勝に相当 ― に輝きました。今後、この「フランス語コンクール」でのSFC生の活躍を記録していきます。

決勝出場 入賞者 学部学年 スピーチのタイトル
2012new_icon 1名 最優秀賞:宮嶋歩 環境4年 La performance, un art corporel pour libérer le moi(パフォーマンスー私を解放する身体芸術)
2010new_icon 2名 奨励賞:宮嶋歩 環境2年 Le Bonheur et la Peur(幸福と恐怖)
奨励賞:松戸綾乃 (総合卒) Une personne à l’origine d’un miracle(奇跡を生む人)
2009 2名 優秀賞(2位):保科早紀 (在学前) Vive les vacances!(バカンス万歳!)
フランス大使館特別賞:伊藤景子 総合3年 食べることは自分をつくること
2008 4名 優秀賞:出口彩央里 総合2年 Ma recette secrete d’une bonne relation interculturelle(違いを超えた良い関係の作り方)
優良賞:保科早紀 (在学前) Les forêts commencent avec des petites graines(小さな種はいつしか森になる)

朝日スピーチコンテスト「コンクール・ド・フランセ」

社会人も(そして近年は日本在住の外国人も)参加するこのコンクールで、SFCのフランス語履修者は、一期生が1992年に目覚ましく活躍して以来、ほぼコンスタントに好成績を残してきました。以下は、確かな記録として残っているものだけですが、SFC生の入賞実績です。(優勝~5位までは毎年の記録が残っているのですが、それ以下の賞は、年によって、あいにく記録が欠けています。)

決勝出場 入賞者 学部学年 スピーチのタイトル
2003 2名 3位:友田あすか 総政4年 Un petit machin, un grand piege(あのちっぽけな、大きな罠)
2002 6名
(うち1名聴講生)
優勝:安孫子悠 文1年(SFC聴講→総政2年編入) Le jour ou je franchirai la frontiere de la musique(音楽の国境を越える日)
4位:稲本早苗 環情3年 La vie a l’ecole japonaise n’est pas si ennuyeuse.(日本の学校生活は面白い)
5位(+ユーモア賞): 内村尚志 総政3年 Le jour ou j’ai rencontre Monsieur Beaudelaire(ボードレール氏と出会った日)
2001 4名 2位:大森陽子 総政4年 Le francais…une histoire de gout ! (フランス語の「味」)
奨励賞:古場久美子 総政4年(9月生) La liberte de choix pour la famille du XXIeme siecle(選択の 自由を与えられた21世紀の家族)
奨励賞:中嶋洋平 総政3年 La guerre des livres et d’Internet n’aura pas lieu(本とインターネットの戦争は起きないだろう)
2000 3名 3位:村上木綿子 総政3年 Apprentissage de la Liberte(自由を学ぶ)
奨励賞:大森陽子 総政3年 Reformer l’education au Japon : le role ” oublie ” des parents (教育改革-忘れられた親の役割)
奨励賞:濱田壮彦 総政3年 Les possibilites des reseaux informatiques et leurs problemes(コンピュータネットワークの可能性とその問題)
1999 1名 なし
1998 2名 優勝:吉田恵美子 総政4年 Bon usage de la bande dessinee(マンガの使い方)
1997 2名 なし
1996 3名 2位:杉山麻子 総政3年 Un pigeon en souvenir(古い建造物を活かす-ある鳩の思い出)
4位:村井宏樹 総政3年 Peut-on etre sur de ne pas se tromper?(間違わないという確信が持てるか?)
1995 4名 3位:小竹華鶴 総政3年 Le controle de la crise d’Etat(国家の危機管理の日仏比較)
1994 2名 2位:小早川ほたか 総政3年 Les pays franchophones – l’exemple de la Suisse – (フランス語圏の国々 – スイスの場合)
1993 5名 なし
1992 3名 優勝:木村俊博 環情3年 Etre japonais(日本人になること)
特別賞:高橋照子 環情3年 Les femmes japonaises(働く日本女性達)
特別賞:物部亜弥子 総政3年 L’absurdite de l’homme moderne(現代人の不条理)

鎌倉世界遺産登録推進協議会主催「フランス語スピーチコンテスト」

このコンクールには21歳以上の「A区分」と、20歳以下の「B区分」があります。

決勝出場 入賞者 学部学年 スピーチのタイトル
2012new_icon B区分最優秀賞(1位):保科早紀 総合1年 Voyage au cœur du vieux Japon(古い日本の心への旅)

学生・フランス語弁論大会(於創価大学)

2001年度以降の記録を掲載していきます。このコンクールには「弁論部門」と、課題文を暗唱する「暗唱部門」があります。

決勝出場 入賞者 学部学年 スピーチのタイトル
2010new_icon 創立者賞(1位):保科早紀 (在学前) Tout ce dont on a besoin, c’est de l’amour!(愛こそはすべて)
2005 弁論部門3名 優勝:大久保光将 総政1年 Une mission, d’une generation a l’autre (受け継がれる使命)
2004 弁論部門2名 優勝:出口香央里 総政2年 Apprentissage du courage(勇気を出す勇気を持つこと)
準優勝:古川奈美 総政2年 Donner un sens au courage(勇気に意味を与えること)
暗唱部門1名 準優勝:松井くるみ 総政2年 課題:ヴィクトル・ユゴー『九十三年』からの抜粋
2003 弁論部門1名 優勝:小幡倫子 総政3年 Reve d’hier, reve d’aujourd’hui – pour aller plus loin – (夢のバージョンアップ)
2001 弁論部門1名 優勝:平野美帆 総政3年 Pourquoi ne pas faire du quartier une famille elargie?(地域とかけて、大きな家族と解く)