インテンシブクラス合同講演会のお知らせ

こんにちは!
2016年春学期のインテンシブクラスを受講している皆さんにお知らせです。

今週5月25日(水)のインテンシブ1、2、3、4は、2限に全クラス合同で講演会を開きます。
場所は、通常の教室ではなく、AVホールです(ITCのある建物に入って、階段で地下一階に降りるとあります)。

当日はこれまでフランスのルーヴル美術館や国立図書館(通称BnF)などとの共同プロジェクトを立ち上げてきた大日本印刷(DNP)の久永一郎さんを迎えて、主にルーヴル美術館とのプロジェクトでの経験を中心にお話しして頂く予定です。

大日本印刷のギャラリーを訪れたことのある人もいらっしゃるのではないでしょうか。当初、フランス国立美術館連合(RMN)との共同プロジェクトとして開設されたメゾン・ド・ミュゼ・ド・フランス(MMF)は、現在、メゾン・ド・ミュゼ・デュ・モンド(MMM)と名称を変えて銀座7丁目にあります。
ウェブサイトへはこちらから。

ルーヴル美術館との共同プロジェクトについては、たとえば以下のルーヴル側のページがあります。
ウェブサイトへはこちらから。

また、久永さんがマネージャーとして指揮したフランス国立図書館(通称BnF)とのプロジェクトは、現在、「体感する地球儀・天球儀展」として五反田で一般公開されています。さまざまな3Dデジタルデータを駆使した展示に加えて、古くは16世紀の地球儀・天球儀の本物も見ることができます。
ウェブサイトへはこちらから。

実物の地球儀を3D化したものの例は、フランス国立図書館のウェブサイトでも見られます。
ウェブサイトへはこちらから。

なお、25日水曜日の1限の授業はありません。その代わりに、上記の2限の講演に出席してください。2限に別の授業を履修している方は、どちらの授業に出席するか自分で判断して決めてください。

インテンシブの特別授業は今学期、6月21日(火)にも開催されます。詳細は、後日、改めてメールでお伝えします。

それでは、Bonne continuation !

2016年度夏季夏季海外研修のお知らせ

Bonjour!

みなさんお待ちかね、夏季海外研修のお知らせです。
2016春研修資料

2016年の夏は、4つの地域の語学学校からの選択です!
希望者は資料をご確認の上、担当教授にご連絡ください。

単位申請を行って研修に参加すると、現地での参加形態に応じて
2単位、または4単位を取得することができます。
(取得した単位は、秋学期の申請単位の中に組み込まれます。)

授業はフランス語で行われ、ホームステイをすれば起きてから寝るまでフランス語漬けなので、目に見えて上達を感じられるかと思います。

語学学校に行かない時間は街を歩き回ってもよし、引きこもって自分と向き合うのもよし。
いつもとは違う「日常」の中で、新しい思考に思い当たるかもしれません。

これまで学習した成果を試したい方、さらなるスキルアップを目指したい方、
是非とも参加してみてくださいね!

Grande Rencontre

4月28日(木)、フランス語インテンシブ(1、2、3、4)クラスは、
2限の時間にに全クラス合同で特別授業 (Grande Rencontre)を開催します。

この日は、今年3月に「フランス語海外フィールドワーク奨学金」を活用して
フィールドワークを実施した秋田勇魚さん(環境情報学部4年)が、現地での
活動の様子を伝えてくれます。

クラシックギターの名手としても活躍されている秋田さんが、現地では音楽についてのコミュニケーションがフランス語を通してどのように行われているのかということを話してくれる予定です。
また、授業冒頭では2015年度秋学期インテンシブクラス成績優秀者の表彰も行われます。

場所はメディアセンター向かい、ITCの地下にあるAVホールです。

―詳細―
2016年4月26日 2時限(11:10~) ITC地下 AVホール

インテンシブの特別授業は今学期、5月25日(水)と6月21日(火)にも開催され
ます。各回の詳細は、後日また改めて掲載します。

みなさん、ぜひいらしてくださいね!

La rentrée scolaire 2016

こんにちは!
フランス語研究室から在学生の皆さまにお知らせです。

まもなく2016年春学期授業期間が始まります。
フランス語研究室でも、新学期に備えて各授業についての情報を続々更新中です。

履修を希望される方は、各クラスのシラバス・授業日程表をご参照の上
履修エントリーを行ってください!

  • ベーシック
  • インテンシブ
  • スキル
  • 海外フィールドワーク奨学生募集!

    こんにちは!
    フランス語研究室からお知らせです。

    昨年度から、総合政策学部・環境情報学部在学生、および大学院政策・メディア
    研究科在学生を対象に、フランス語による海外フィールドワークを中心 とした
    研究のための奨学金をフランス語研究室では始めました。

    フランス語による海外フィールドワークというのは、学生が自ら研究テーマを設
    定し、 SFCで学んだフ ランス語を駆使してその研究を遂行することを指しま
    す。この奨学金は、そのような研究のためにフランス語圏に渡航する学生に対し
    て援助をおこなうことを目 的として、SFCの卒業生を中心とする有志の方々
    の支援によって設立されたものです。

    フィールドワークを行えるのは、 2016年2月4日から4月6日までの春休み期間の
    うちの3週間から4週間までです。奨学金の額は一人当たり15万円で、応募者のな
    かから2名を選考しま す。応募書類提出の締め切りは 2015年12月8日(火)15時
    です。

    詳細は以下の3つの資料を参照してください。
    ご不明な点がありましたらSFCフランス語研究室までお問い合わせください!

    ↓↓ 資料 ↓↓
    奨学金申込書書き方
    奨学生募集要項
    申し込み履歴書

    2016年春 海外研修のおしらせ

    2016年春学期もフランス語海外研修が実施されます。
    希望者は資料をご確認の上、担当教授にご連絡ください。

    研修機関への申込書記入会は11月中旬
    研修機関への申し込み締め切りは11月末日(目安)
    となっています。

    申込書記入会までの生協(担当:田代さん)への海外旅行保険申し込みが推奨されていますので
    そちらもお忘れなく!

    資料→ 2016春研修資料

    フランス夏期海外研修の登録に関してお知らせ

    フランス夏期海外研修の登録に関してお知らせ

    夏期海外研修の登録がSFC-SFS上で開始されました。以下必要事項を記入し、
    研修希望者は6月5日(金)の16時59分までに必ず登録してください。
    なお、登録期間が短いため、未定の項目は空欄のままで構いません。

    ★登録方法
    ・sfc-sfsのプランより次学期をクリック。
    ・学部基盤科目の言語コミュニケーション科目から、フランス語海外研修A,Bのどちらかを選択し追加してください。追加後、課題の提出が可能となりますので必要事項を記入してください。

    ★必要事項

    1) 氏名

    2) フリガナ (カタカナで)

    3) 学籍番号

    4) メールアドレス (大学のログインアドレスに限定する)

    5) 性別

    6) 学部

    7) 学年

    8) 現在履修中(クラス名も)、あるいはこれまでに履修したフランス語科目

    9) 研修機関名

    10) 研修機関開始日

    11) 研修期間終了日

    12) 研修総時間数(A型4単位かB型2単位のどちらを希望するかも記入)

    13) 現住所

    14) 電話番号(休暇中も連絡がとれるように携帯電話が望ましい)

    15) 出発予定日

    16) 出発便名(決まっていれば)

    17) 帰国予定日

    18) 帰国便名(決まっていれば)

    19) 保護者名

    20) 保護者住所

    21) 保護者電話番号
    22) 海外保険の加入の有無(生協で必ず申し込むこと。参加のための不可欠の条件です。)

    海外研修に関して不明な点が御座いましたら、フランス語研究室CA・藤谷悠( fujitani@sfc.keio.ac.jp )までご連絡ください。
    よろしくお願い致します。

    ベーシック2と補助教材、教員紹介のページを更新しました

    ベーシックと補助教材、教員紹介のページを更新しました
    以下の項目について更新しました。

    ベーシック2とインテンシブ1の人は確認してください!
    そして、宮代先生、ジョルジュ先生、クロエ先生を教員紹介ページに追加したので、こちらも合わせて見てください。

    学校が始まってそろそろ1ヶ月が経ちます。フランス語には慣れましたか?
    引き続き頑張りましょう!!

    フランス語海外研修の説明会を行います

    フランス語海外語学研修の説明会を行います

    フランス語履修者のみなさんへ

    下記の要領で2015年夏期フランス語海外研修の説明会を開催します。
    興味のある方は、ぜひ参加してください!!

    ————————————————————–
    2015年夏期フランス語海外研修説明会
    日時:5月13日(水) 午後4時00分~5時00分
    場所:λ16
    ※4限と5限にまたがって設定しています。
    どちらかに授業のある人が、途中退出・途中入場
    できるように説明します。
    ————————————————————–

    当日は教員と過去の参加者による各研修地、及び研修機関の紹介他、
    参加の手続きや注意事項についての説明を行います。
    飛行機の手配等、旅行の詳細については、
    生協の方より説明していただきます。

    研修先につきましては今後変更になる可能性はありますが、今のところ下記6つの研修先が予定されています。

    1)グルノーブル第3大学フランス語教育センター(グルノーブル)
    http://cuef.u-grenoble3.fr/
    2)アリアンス・フランセーズ・ドゥ・ルーアン(ルーアン)
    http://www.alliancefr-rouen.org/
    3)アリアンス・フランセーズ・ボルドー/アキテーヌ(ボルドー)
    http://www.alliance-bordeaux.org/
    4)クレルモン=フェラン大学協定校/CAVILAM(ヴィ シー)
    http://www.cavilam.com/
    5)アリアンス・フランセーズ・ドゥ・マルセイユ(マルセイユ)
    http://www.afmarseille.org/
    6)フランシュ・コンテ大学応用言語学センター(ブザンソン)
    http://cla.univ-fcomte.fr/
    なお、説明会で配付する資料は、後日フランス語研究室の
    ホームページ( http://french.sfc.keio.ac.jp/)に掲載するほか、
    研究室入り口前にも置いておきますので、参考にしてください。
    ※ただし、内容は変更になる可能性がありますので、
    説明会への参加、及び今後のメールチェックは欠かさないでください。

    何か質問がありましたら、フランス語研究室CA
    藤谷悠( fujitani@sfc.keio.ac.jp )までお願いします。
    みなさんの参加をお待ちしています!

    フランス語では春と夏に毎年、フランスの現地でフランス語を学ぶ語学研修が実施されます。
    語学研修は、これまでに習ってきたフランス語を実際にフランスで生かすことのできる
    貴重な機会です!
    今までも、多くの履修者が参加しています。
    メキメキと力をつけて帰ってきた人、美食を堪能してきた人、友達をたくさん作ってきた人など、その結果はさまざまですが、
    フランス語を続けるモチベーションになっていることは確かです!
    この機会に、お話だけでも聞いてみてはいかがでしょうか?

    SFCフランス語研究室